[中深煎り] コロンビア ナリーニョ 100g
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

[中深煎り] コロンビア ナリーニョ 100g

¥620 税込

送料についてはこちら

  • 挽き

原産国:コロンビア 生産地:ナリーニョ 品種:カツーラ 製法:フルウォッシュト プロファイル:コロンビアらしいボディー感の中に明るく伸びる酸味が薄く広がる。バランスの良いコーヒー。 オススメ:中深煎りの繊細なバランスをお探しの方に。 コロンビアは世界でもトップクラスのコーヒー生産を誇っている国です。赤道に近く日照条件に恵まれ一年中コーヒー生産が可能、また、アンデス山脈による栽培地の標高の高さからくる寒暖差など厳しい環境で栽培されたコーヒーはクリアーで非常に高品質、特に酸味は特徴のあるものをもたらします。特にナリーニョは、赤道に接している為申し分ない日照量があり2000mを越すような栽培限界標高を超えた場所でも、日の出と共に谷から上がってくる暖かく湿った空気のおかげでコーヒー栽培が可能です。コロンビアコーヒーの中でもナリーニョと名がついただけで高品質と言われるのも頷けます。ナリーニョ産コーヒーは繊細な酸味、非常にバランスが良く尖っておらず、マイルドで口の中でコロコロ転がる様な心地よさが特徴です。ナリーニョ産のコーヒーは原産地呼称制度でブランドが守られています。 当店は長い間、ナリーニョのコーヒーを仕入れしたいと思っておりましたが、なかなか機会に恵まれませんでした。しかし、やっと機会が訪れ仕入れることができました。仕入れできた時は小躍りする様な気分でした。前述した通り、コロンビアコーヒーの代名詞と言えるぐらいのブランド産地焙煎も力が入ります。ポイントは酸味のコントロール。出過ぎず出なさ過ぎず・・・薄く広がる酸味を心がけております。余談ですが、私が他のコーヒー屋さんでコーヒーを注文する時は決まって「コロンビア」です。なぜなら、コロンビアは原材料の調達や焙煎管理など様々な事を教えてくれるからです。 *** 産地情報(FNC ホームページより) *** ナリーニョは太平洋と赤道に沿ったコロンビア南西部に位置し、その特別な地理的恩恵を授かっています。 この場所は北緯1度というほぼ赤道直下にあるため、コーヒーの生育に必要な日射量はお墨付きです。さらに、良い植物を生み出す栄養をたっぷりと備える火山性の肥沃な土壌であることも特長です。ナリーニョのコーヒーは険しい山の斜面で育ち、すべて手作業で収穫から乾燥までの処理がなされ、最高品質のコーヒーを生み出す土地として知られています。 通常は、ナリーニョのように標高が高いエリアではコーヒーの栽培は不可能とされており、これほどの高地でコーヒーが発芽するのはほとんど奇跡と言っても良いほどです。しかし、ナリーニョでは最大標高2,300mの高地においても、谷底から立ち上がる暖かく湿った空気のおかげでコーヒーを育てることができます。日中の日射が峡谷や深い谷の底に蓄積熱として溜まり、夜に上昇して山の高い部分の寒さを和らげるのです。 低い気温の中で育つため、コーヒーの木は自ら糖分を溜め込み、結果としてまろやかな酸味と甘さを含むコーヒーの実ができます。 豆のままでも挽きでも最小100gから100g単位でお求めいただけます。(200gお求めの場合は個数を2にしてください。)